人気急上昇中の「シリカ」が、テレビやインターネット上で話題です。
美しい肌・髪・爪・骨に必須のミネラルで、コラーゲンを強くする「シリカ」。
骨粗鬆症の予防効果が期待できるため、美容意識の高い人が「シリカ」を含むミネラルウォーターを摂取するのがブームとなっています。

話題の「シリカ」を自然に含んだりゅうせき水なら、手軽に体内に吸収できます。

りゅうせき水には1リットル中に61mgの「シリカ」が含まれています。

ケイ素(シリカ)の魅力

体内でコラーゲンを生成することから、美容関係で、注目を浴びている成分。
近年、女性の間で人気になったコラーゲンですが、実は、コラーゲンだけ摂取しても体内で吸収されにくいんです。
体内の吸収には、流れないよう捕まえてくれるパートナーが必要です。

そのパートナーこそ「ケイ素(シリカ)」なのです。
「コラーゲン」をしっかりと結びつけ、肌や髪・爪の原料となります。
ケイ素(シリカ)が減少すると、しみ・シワ・たるみ・肌の弾力が失われる原因となります。

骨の育成にも必要なパートナー

ケイ素(シリカ)はカルシウムをカラダへ運搬し、骨を強くしてくれます。
米英が共同した最新の研究で、ケイ素(シリカ)の有無が骨の育成に大きな差をもたらす結果が出ており、ケイ素(シリカ)はカルシウム以上に骨を強くする可能性が高いことが判明しました。

血管のお掃除人

ケイ素(シリカ)は血管のコレステロール付着を防ぎ、動脈硬化を予防します。
動脈硬化が進行した人は、ケイ素(シリカ)が健康な人の数%しか含まれてない報告もあります。

歳を重ねるごとに体内の貯蔵量が減り、食品からは摂取しても吸収されにくく、体内に取り込むのは難しい成分。
近年解明されてきた「ケイ素(シリカ)」は、世界で注目されている、人間にとって魅力的なミネラルなのです。
生命維持に不可欠な必須微量元素と言われています。

放射性物質を吸着させ、排せつ作用を高める

東日本大震災による原発事故が生んだ悲劇は、今も様々な形で進行しています。
放射性物質の内部被曝問題も、私たちが生活する上で、無視することが出来ない現状となってしまいました。
(放射性物質体内に取り込んだ場合の被曝を「内部被曝」といいます)
ニュースでも大きく取り上げられています。

人の体内の臓器や組織は、それぞれに特定の放射性物質を沈着しやすい性質を持っており、内部被曝した放射性物質が、血液やリンパ液と共に移動し、その臓器や組織に留まってしまうのです。

「体内の放射性物質を吸着させ、排泄作用を高める働きをもつ」と言われるミネラルが、最近になって注目され始めています。

そのミネラルこそ、りゅうせき水に豊富に含まれる「ケイ素(シリカ)」。
封存水であり、純度100%天然温泉水の縄文りゅうせき水だからこそできる何かがある…と信じて、お客様のためになりたいと思う所存です。

亜鉛の効用
有機ゲルマニウムの効用
ケイ素(シリカ)の効用